製作工程

最適な素材と鋳造方法で製作された平和合金の製品

鋳物製品を製作するにはいくつもの鋳造方法がありますが、平和合金では主に、ガス型鋳造、自硬性鋳造、そしてロストワックス鋳造で製品を製作しております。

製品によって最適な鋳造方法が異なりますが、品質を最優先とし、技術に裏付けされた自信と誇りを持って、製品をご提案・ご提供させていただきます。

ガス型鋳造・自硬性鋳造などでの製作

01. 原型製作
ご要望を伺い、粘土などで原型を製作します。この時点で、お客様に形状をご確認いただきます。
02. 石膏原型製作
粘土原型を元に、鋳型を成型するための石膏原型を製作します。
03. 鋳型製作
石膏原型を砂で固めて鋳型を製作します。砂を固めるには、炭酸ガスを利用したものや樹脂を利用したものなど、さまざまな技法があります。
04. 中子製作
内部に空洞を作るための中子を製作します。
05. 鋳込み
鋳型と中子の間に溶けた銅合金を流し込みます。
06. 生地仕上げ
冷却後、型から取り出し、バリ取りや、表面を磨いて生地を仕上げます。
07. 加飾・塗装
生地に加飾や塗装を施します。
08. 完成
製品の完成となります。

ロストワックス鋳造での製作

01. 原型製作
ご要望を伺い、粘土などで原型を製作します。この時点で、お客様に形状をご確認いただきます。
02. 石膏原型製作
粘土原型を元に、ゴム型を成型するための石膏原型を製作します。
03. ゴム型製作
液状のシリコンゴムで、原型を型取りします。
04. ワックス型製作
ゴム型にワックスを流し込んでワックス型を製作します。
05. 鋳型製作
ワックス型の表面に耐火物をコーティングして鋳型を製作後、焼成して内部のワックスを除去します。
06. 鋳込み
鋳型に溶けた銅合金を流し込みます。
07. 生地仕上げ
冷却後、型から取り出し、バリ取りや、表面を磨いて生地を仕上げます。
08. 加飾・塗装
生地に加飾や塗装を施します。
09. 完成
製品の完成となります。